赤い帽子の女

赤い帽子の女

第一次世界大戦後、パリからベルリンに観光にきた「私」は、女が欲しくなる。そこで「赤い帽子に紺の洋服の小さな女」との出会いから…を赤裸々な性描写で文学の世界に表現した…帯コピー。文豪芥川龍之介の作かと論争されている--帯コピー大正末期の裸婦写真・137枚掲載
--書架に見当たらず

価格
5250円
在庫数
0
登録日
2010/01/09
商品購入フォーム